皆さん、気軽にご参加ください 春の家族講習会のご案内です

1型糖尿病の患者と家族の会、つぼみの会では、毎年2回、5月と9月に家族講習会(勉強会)を開いています。講演会、体験談、顧問の先生方を囲み、何でも相談できる分科会など盛りだくさんの内容です。今年の春の家族講習会では、福島から たんぽぽの会代表 齋藤栄子さんをお招きしました。齋藤さんのお住まいは伊達市梁川町で、サマーキャンプが開かれる霊山町のすぐ近くです。同じ1型糖尿病の子どもの親として、東日本大震災の時どのような苦労があったか、何が大切だったか、さらに現在の福島の様子などいろいろ話をしていただく予定です。質問タイムもあります。
多くの方々の参考になることと思います。会員以外のご家族の参加も大歓迎です。ぜひご参加ください。

時:2018年5月20日(日)13:00~17:00
会場:あいおいニッセイ同和損保新宿ビル
3階会議室(地図参照)
会費:無料(会員のみ、当日入会の方は無料)
1,000円(非会員1家族当たり)
・家族講習会の前につぼみの会の定期総会があります。総会に引き続き家族講習会を開きます。

・予約、事前申し込みは不要です。お気軽にご参加ください。

・春の家族講習会
講演:齋藤栄子さん (福島 たんぽぽの会 代表)
「知ることから始まる安心~福島っこ元気です!」
東日本大震災を体験して、今の福島を伝えるもの

~齋藤さんから講演についてコメントをいただきました~
つぼみの会の皆さん、こんにちは。たんぽぽの会の齋藤栄子です。春の家族講習会にお招きくださいましてありがとうございます。体験談として、震災のときの体験を少しお話し、今の福島の放射能の状況をお話ししたいと思います。そんなに専門的にではないですが・・・。
今現在、福島はたくさん努力をして 結果「安全」を証明しています。でも、いくら安全といっても=安心と思っていただけるか?それはメディアが「安全ですよ」と言っているのを聞いているだけで、ちゃんとなぜ安全なのかを知ろうとしないからかなと考えています。実際、わたし自身でさえも、どこまでが安心なのかと不安になるときも無きにしもあらずですから。でも疑いのフィルターの曇りが、ちゃんと中身を知っていただくことによって少しでもクリアになってくれたらいいなと思います。放射能云々はとにかく専門過ぎて説明も難しいのですが、できるだけわかりやすく簡潔にそれでいて納得できる説明を・・・、わたしなりの言葉で一生懸命にお伝えできたらいいなと思います。